転職のタイミングはいつ頃が良いか?


転職すべきタイミングは、年齢に左右される一面があります。年齢が若いのであれば、まず1つの会社で3年ほど頑張る方が良いと言われています。

しかし30代以上になると、できる限り早めに転職するのが望ましいでしょう。また春先や夏の終わり頃も、転職のベストシーズンと言われています。

20代後半はどのタイミングで転職すべきか

20代の方々の場合は、採用される確率は比較的高いです。20代後半の方々の場合、いわゆる第ニ新卒者と見なされますので、多くの企業は積極採用している傾向があります。

だからといって、あまり早く退職しない方が良いでしょう。例えば現在20代後半で、入社1年目というタイミングで転職するのは、転職は少々厳しくなる可能性があります。入社1年目程度で退職してしまうと、腰が落ち着かないように見えてしまうからです。

一般的には、入社3年目が節目になると言われています。ですから上述の20代後半の人物の場合は、あと2年ぐらい経過したタイミングが最適だと判断できるのです。

30代前半はいつ頃転職すべきか

しかし30代前半ですと、話は少々変わってきます。30代という年代層の場合、多くの企業では中堅扱いと見なしているのです。30代後半になると、採用される確率は下がってしまう傾向はあるので、できる限り早めに転職すべきです。

ただし管理職として働いているなら、話は少々異なります。すでに部下をマネジメントしている状態なら、それほど焦る必要はありません。転職すべきタイミングは、それこそ状況次第なのです。

転職するのは何月頃が良いか

ところでタイミングと言えば、季節の問題もあります。一般的には、2月や3月頃に転職活動をするのが無難と言われています。その時期であれば、条件が良い求人案件の数も多くなるからです。

というのも多くの企業では、4月頃に新人研修を集中的に行っています。4月頃と言えば、新卒の人材が多く入社してくる時期です。その研修の時期に備えて、多くの企業は3月頃に採用活動を強化している訳です。それだけに2月や3月頃は、求人の数が比較的多くなる傾向があります。

また多くの企業では、10月頃にも人手を確保したいと望んでいる傾向があります。その10月に備えて、少し早めの8月や9月あたりに多くの求人広告を出している訳です。

以上の点を考慮すると、2月から春先というタイミングや、8月や9月あたりに転職活動してみると良いでしょう。やはり求人数が多い時期に転職する方が効率的です。

【関連】転職のタイミングやおすすめの季節