女性の薄毛対策にも効果的なミノキシジル配合の育毛剤


若い女性でもさまざまな要因によって髪の毛が大量に抜け落ち、ボリュームダウンさせるケースは少なくありませんし、更年期障害の症状の1つとして薄毛になることもあります。

そんな辛い薄毛の症状を改善するために女性用育毛剤を使ってケアを始めるというかたも多く見られますが、その中でも注目されている成分がミノキシジルです。

ミノキシジルは、元々男性型脱毛症であるAGAの治療に利用をされていたものです。主に男性専用の育毛剤に配合されている、薄毛を治療し発毛効果がある成分として認められている医薬品になります。

ただ、市販されている医薬部外品の育毛剤にも薄い濃度で配合されているものが売られていますので、気軽に手に入れることが可能です。

その効果は、血管を拡張させて滞っている頭皮の血流を促進させたり、髪の毛を生成して育てる役割を担っている毛乳頭や毛母細胞への栄養や酸素、ホルモン供給を促進させることで、その働きを活性化させるというものになります。

AGAの原因に対して直接的に働きかける成分ではありませんが、頭皮環境を改善し、今ある髪の毛を丈夫で健康なものにするという変化を期待できるのがミノキシジルです。

そんなミノキシジルは、外用薬に限って女性でも使用することができます。ただし、濃度が高いミノキシジルを使用することができず、市販されている女性用育毛剤も1%配合のものに限られています。

また、内服薬として口にすることはできませんので気をつけなければなりません。薄毛を改善させるためには男性も使用している配合量が多いものほど効果があるのではないかと考えがちですが、その分、副作用で炎症や体調不良を引き起こす可能性が高いことを考え、安全に利用する必要があるのです。

日本皮膚科学会からもさまざまな試験結果を考慮した上で、女性型脱毛症に悩むかたに対して利用する外用ミノキシジルは、濃度1%までのものにするようにすすめられています。

用法用量を守って安全な範囲で活用していけば、薄毛改善を試みることが可能です。利用上の注意をよく確認しながら、健康的な髪の毛作りに役立てていきましょう。

女性用育毛剤 薄毛改善効果