仮想通貨初心者がGMOコインを使ってみて思ったこと


2017年から2018年にかけて、仮想通貨の取引を新たに始めた人は多いかと思います。私もその一人です。

仮想通貨業者も国内から海外まで色々な業者がある中、私が最初に選んだのがGMOコインです。選んだ理由としてはGMOインターネットのグループ会社ということで安心して取引が出来ると思ったからです。

それでは、実際に使ってみてどうだったのか?今回はGMOコインを使ってみて思ったメリットやデメリットなどを紹介していきます。

メリット1:GMOコインは口座開設から取引までが簡単

GMOコインの公式サイトから登録フォームで必要事項を入力して、ネット上で本人確認書類を提出、10分程度で終わりました。

また、実際に取引できるようになったのは2日後には口座開設お知らせのハガキが届き、入金して取引を始めることが出来ました。当時はすぐに購入したい通貨があったので、迅速な対応がかなり嬉しかったです。

口座開設だけでなく取引操作も非常にわかりやすく、初心者でも問題なく出来ました。PCでなくスマホだけでも十分な取引が出来たのも良かったポイントです。

機械音痴な私でもできたので相当使いやすいのだと思います。

メリット2:キャンペーンでビットコインがもらえる

キャンペーン20,000satoshiがもらえます。あまり大きな金額ではありませんが、条件が厳しくなく口座開設だけでもらえるのはお得です。

他にもキャンペーンが開催されていることがあるので、口座開設前にチェックすると良いかもしれません。

メリット3:アルトコインでレバレッジ取引が出来る

もともとはビットコインでしか出来なかったレバレッジ取引がアルトコインでも出来るようになりました。国内の他の取引所ではほとんど出来るところがないです。

アルトコインの取り扱いはビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルとなっています。

相場があまりよくない時でも売りから取引をすることもできるので活用しています。

デメリット1:相場の変動が激しい時にはスプレッドが広がる

通常時のスプレッドは問題ありませんが、本当に変動が激しい時にはびっくりするほど広がります。ひどい時では25,000まで広がったこともあります。

そうなってしまうとどうにもならないので、相場の変動が激しい時には取引しないように心がけています。

終わりに

GMOコインはGMOインターネットの株式会社のグループ会社なので安心して取引できる取引所です。口座開設も簡単で、初心者でも取引しやすい操作性なので仮想通貨を始めようと思っている方にはぴったりかもしれません。

ただしレバレッジ取引をする際にはリスクを知ったうえでスプレッドに注意しないといけません。